シェアする

南大阪の美味しいパン屋「BAKERY BAKE」は飴色玉ねぎの塩パンが人気みたい!

スポンサーリンク
スポンサーサイト

スポンサーリンク

泉州で人気のある美味しいパン屋さんを巡って塩パンの食べ巡りをする為に泉州で人気のパン屋さんを10店舗ピックアップしていました。

【関連記事】

塩パンを食べ比べ!南大阪(泉州)で人気のパン屋さん10選!

この10選の中で時間が間に合わずに行けていなかったパン屋さん「BAKERY BAKE」(ベーカリーベイク)に行ってきました。

夕方頃に到着したのですが、もうほんの少ししかパンは残っていませんでした。やっぱり人気は早め早めに行かないといけないと痛感しました。

でも、ラッキーなことにお目当ての”塩パン”は残り一つだけ残っていて間に合いました。新作の”飴色玉ねぎの塩パン”は既に完売していました。

スポンサーリンク

南大阪の洒落な人気パン屋「BAKERY BAKE」(ベーカリーベイク)は開放倉庫?

26沿いをずっと車で走ってふと細い路地に入った所に小さい開放倉庫のようなお洒落なパン屋さん「BAKERY BAKE」(ベーカリーベイク)はありました。

塩パンが美味しい泉佐野のパン屋さんベーカリーベイク

「不思議と…」なんて付けるとかなり失礼ですが、開放倉庫のような店舗なのに本当に不思議とお洒落です。

駐車場は店舗前に数台分の駐車スペースがあります。

「BAKERY BAKE」(ベーカリーベイク)にイートインスペースはあるのか?

下の写真は「BAKERY BAKE」(ベーカリーベイク)の店舗前のスペースです。一応はベンチがあるので座って食べている方も居たりするのかもしれませんね。

にパン屋さんベーカリーベイクのイートインスペース

でも、ベンチには看板が飾ってありますし、イートインスペースという感じではありませんでした。店内も凄く広いわけではないのでイートインのスペースはありませんでした。

泉佐野の人気パン屋「BAKERY BAKE」は完売すれば閉店!

「BAKERY BAKE」(ベーカリーベイク)は7:30からの開店で一応は夕方の18:00まで営業しています。それでも、パンが無くなると閉店前にお店を閉めている日もあります。

お目当てのパンがあったりする場合は出来るだけ早い時間に行った方が良いです。パンの種類は「BAKERY BAKE」のインスタでも細かく紹介されています。

スポンサーリンク

泉佐野のパン屋「BAKERY BAKE」の“塩パン”は凄く美味しかった!

こちらがお目当てだった”塩パン”です。国産小麦を使っていて生地には北海道バターを包み込んでいるそうです。

泉州の人気パン屋のベーカリーベイクの塩パン

しっかりと塩の味がするのにバターが効いていて甘くて美味しい塩パンでした。

バターが練り込まれた生地ということでしたが、胸が悪くなる程の悪いクドさは無い塩パンです。塩パンを持つ指先もバターでギトギトにはならないです。

あっさりなのに濃厚さも感じるタイプの”塩パン”が好みな私の個人的な感想だと、今回の塩パンの食べ巡りの中では一番好み”塩パン”でした。

私が思う泉州で美味しい”塩パン”が食べられるパン屋さんは「BAKERY BAKE」です。

「BAKERY BAKE」の新作”飴色玉ねぎの塩パン”を食べたいなら夕方前にはお店へ!

もう一つのお目当てだったインスタで見て気になっていた”飴色玉ねぎの塩パン”は残念ながら完売していました。

パン屋「ベーカリーベイク」の飴色玉ねぎの塩パン

出典元:instagram @bakery.bake

夕方に行ったから仕方が無いですね。SNSで紹介されたパンがお目当ての場合は、遅くても2時3時までには行った方が良さそうです。

パン屋「BAKERY BAKE」のパンの種類と価格は?

塩パンの他にも幾つかのパンを購入しました。お惣菜パン、マフィン、フランスパン、サンドイッチ、バーガー系パン… 他にも沢山の種類がありました。

南大阪の人気パン屋BAKERYBAKEのパンの種類

どの種類も比較的小ぶりなパンが多いと思います。フランスパン、ライ麦パン、サンドイッチ、バーガー系などのパンは普通のよくあるサイズで販売されています。

パンの販売価格は100円以下からではありますが、サイズから考えると決して「安い!」とは思ってもらいにくいと思います。

素材にも拘って作られているので、スーパーやコンビニで購入出来るお手頃価格のパンを買いに行く気分で行くと高く感じると思います。

それでも、私自身は凄く大好きなパン屋さんになりました。やっぱりどれも美味しいんです。必ずまた行きたいと思います。

パン屋「BAKERY BAKE」の店舗情報

店舗情報は記事を書いた時点のもので、今後変更される可能性もあります。来店前には必ずお店のHPまたはblogで営業時間やメニューなどの再確認をして下さい。