谷町で人気の薬膳カレー「旧ヤム邸」空堀商店街店に行ってきた!

スポンサーリンク
スポンサーサイト

スポンサーリンク

先日、カレー好きの方で知らない人はいない位に大人気の谷町の有名店「旧ヤム邸」に行ってきました。

旧ヤム邸はカレーだけではなくて、猫のたろうが居る事でも人気です。猫カフェはありますが、猫が居るカレー店なんて珍しいですよね。

勿論、猫のたろうだけではなくて美味しい本格的な薬膳カレーで度々雑誌に掲載される程の人気店です。

今回はそんな「旧ヤム低」の店舗情報をまとめてみました。


スポンサーリンク

谷町のカレー店「旧ヤム低」ってどんなお店?

谷町の「空堀商店街」の真ん中にある「旧ヤム邸」は、梁や欄間などを残した古民家っぽい建物なのが特徴です。

店内だけではなくて、商店街の通りにまでスパイシーな香りが溢れ出して通路いっぱいに広がっていました。

谷町の旧ヤム邸の薬膳カレー出典元:http://kyuyamutei.web.fc2.com/index.html

旧ヤム邸のカレーの特徴

旧ヤム低のカレーはスパイシーでサラサラとしたルウに牛、豚、鳥、羊、鴨などを自家挽きしたキーマルウが中心になっています。

そこに、季節に合った美味しい野菜や丁寧に仕込みが行われたお肉が盛り付けられています。小麦粉を使用していない薬膳カレーのランチも凄く人気でよく雑誌に掲載されています。

カレーに使用しているスパイスにも拘りが詰まっているようです。詳しく知りたい方は「旧ヤム邸」のblogのトップページで確認が出来ます。

「旧ヤム邸」でランチをした後に近くの雑貨屋に行ったのですが、ニコニコしながら近づいてきた店員さんに「ランチは旧ヤム邸のカレーですね^^」とズバリ当てられてしまいました。

どうやら、服や髪にもスパイシーなカレーの香りが染み込んでいたようです。

雑貨屋の店員さんは「このお店に来てくれるお客さんのほとんどが旧ヤム邸のカレーの香りがするんですよ」と言っていました。

雑貨屋も多い谷町では「旧ヤム邸」でのランチ後に雑貨屋巡りをするというコースで遊ぶ方も多いようです。私がランチで訪れた時も少し待ち時間がありました。

人気店のなので、時間に余裕を持って行った方が良いと思います。

旧ヤム邸のランチとディナー

旧ヤム邸のランチは11:30~14:30 [L.O14:00]までです。

ランチメニューはカレー膳カレーライスがあります。

ディナーは火曜〜土曜が18:00~21:30 [L.O21:00]日曜は18:00~21:00 [L.O20:00]までとなっています。

※ 営業時間は変更される可能性があります。来店前には必ず「旧ヤム邸」のblogで再確認して下さい。

スポンサーリンク

谷町「旧ヤム邸」のランチメニュー

人気ランチメニューは日替わりカレーから2種類を選んで合いがけする薬膳カレーです。価格は880円〜となっています。

この薬膳カレーには、セットでお惣菜2品・ピクルス・ヨーグルトが付いています。

私が来店した時の日替わりカレーはこんな感じでした。

  • 柚子香る豆腐ソースがけ春菊グリーン香味鶏キーマ
  • 味噌バターコーンホタテカレー
  • 新ジャガ入りコク辛チキン黒カリー
  • ヒラタケと甘長のピックルのせビーンズSpicyマトン&ポークキーマ

この日は、4種類の日替わりカレーの中から2種類を選びました。選んだ2種類が合いがけ薬膳カレーのランチメニューとしてこんな風に出てきます。

谷町六丁目の空堀商店街の旧ヤム邸カレー

日替わりカレーには四季折々の美味し野菜が使われていたりします。何度行っても違うメニューが楽しめるのは嬉しいですね。

また、メニューにトッピングも可能です。今後、変更があるかもしれませんが私が行った時はこんな感じでした。

  • ご飯大盛り¥100
  • チーズ¥150
  • カレールゥ¥100
  • ピクルス追加¥150
  • 温玉¥100

ご飯の大盛りをしなくても普通にお腹一杯になりました。男性の方で大盛りを注文されている方もいましたが、ほとんどの方が普通のままでした。

ランチメニューでは薬膳カレーの他にカレーライスも注文出来ます。

谷町「旧ヤム邸」のディナーメニュー

ディナーメニューではカレーライスのセットの注文が可能です。カレーライスにもピクルスとヨーグルトがセットで付いています。

旧ヤム邸の人気者「猫のたろう」のこと

旧ヤム低はその内装のほとんどが手作りです、その内装準備の時にひょっこり顔を出してきた子猫が「たろう」なんだそうです。

ひとりぼっちだった子猫のたろうに運命を感じたスタッフは、子猫のたろうと一緒にカレー店「旧ヤム低」を営業していこうと思ったそうです。

旧ヤム低のホームページでは「勝手に運命を感じて共に成長していく事を決めました」と書かれています。

猫のたろうには絶対に会えるのか?

猫野たろうは2回を寝床にしているみたいです。私が旧ヤム低を訪れた時にも、しばらくすると店内2階の梁や柱をテクテクと歩いていました。

でも、私は運良く猫のたろうに会えたようです。

先に入店していたお客さんは猫のたろうに会いたかったようですが、寝ていたのかなかなか出てきてはくれずに残念そうに帰っていました。

ランチ時は店内も混雑します。回転率が悪いと待っている他のお客さんにも迷惑がかかってしまいます。店員さんに丁寧に退出を促されていました。

凄く残念そうに帰っていかれたその数分後に猫のたろうが出てきました。

なんとまぁ…。「あと少しだったのにお姉さん!」「お姉さんカムバック!」って流石に思いました。めちゃくちゃ残念そうな後ろ姿が何度も浮かびました。

そんな経験から、旧ヤム低に行けば必ず猫のたろうに会える訳でも無さそうです。昼寝中だと会えないかもです。

「旧ヤム邸に行っても猫のたろうに会えない場合もある」位は思っておいた方がガッカリ感は少ないと思います。

まぁ… 猫好きじゃなければどっちでも良い話しだと思いますが…^^;ちなみに私はどっちでも良い派です。

旧ヤム邸の店舗情報

  • 〒542-0012大阪市中央区谷町6-4-23(空堀商店街内)

  • TEL:06-6762-8619(ご予約はディナーのみ)
  • 地下鉄谷町六丁目駅4番出口徒歩4分
  • 地下鉄松屋町駅3番出口徒歩8分
  • 席数:全25席(一階13席、二階12席)

※ 店舗情報は記事を書いた時点のもので、今後変更される可能性もあります。来店前には必ずお店のTwitterまたはblogで営業時間やメニューなどの再確認をして下さい。

スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする