100均セリアのプラバンで「new balance」のスニーカーブローチを作る!

プラバンの背面を綺麗に仕上げるコツ

スポンサードリンク

小さい頃に大好きだったプラバン遊び。

今では、大人なのアクセサリーやおしゃれなアイテムとしても大人気です。

 

例えば、収集癖があってスニーカーやブローチを集めていたとします。

お出掛けの時におしゃれの一つとして身につけると嬉しくてワクワクします。

でも、集めた沢山のコレクションが並んでいるのを見るのもまたワクワクしませんか?

 

大好きな物が沢山並んでいるのって見ていてとても楽しいのです。

そこで、自分が大好きなスニーカーをプラバンブローチとして作ってコレクションしてみようと思いました。

 

「NIKE」や「ニューバランス」など、人気スニーカーのデザインでミニバージョンのスニーカーを作ることにしました。

これがズラリと並んでいたら絶対にワクワクするハズです。

 

今日は、その第一号のスニーカープラバンを作ってみました。

 

スポンサードリンク

 

「new balance 574」のスニーカープラバンブローチを作ってみた!

 

最初に作るプラバンのスニーカーブローチは、比較的簡単な方が良いなと思いました。

そこで、「new balance」のスニーカーの中で簡単にミニバージョンのイラストが書けそうなデザインを探してみました。

 

そして、「new balance 574 SPORT RETRO」に決めました。

 

 

どうせ作るのなら、海外限定バージョンでなかなか実物を購入する機会の少ないものにしてみました。

日本ではなかなか見かけないデザインを、プラバンでミニバージョンとして作って集めるのもなかなか楽しいと思います。

このデザインだと、プラバンとして作るのにも比較的簡単な方だと思います。

 

プラバンにスニーカーのイラストを書く!

 

早速、プラバンブローチを作っていきます。

まず最初に「new balance 574 SPORT RETRO」のイラストを下書きします。

 

new balanceのスニーカーイラスト

 

鉛筆での下書きが終わったら油性ペンで下書きの上からなぞります。

油性ペンでの清書が終わったら、消しゴムで下書きの鉛筆のラインは消しておきます。

 

ニューバランスのスニーカーイラストを手書きする

 

次に、100均セリアの色鉛筆でも描けるプラバンを用意します。

 

100均セリアの色鉛筆でも書けるプラバン

 

このプラバンを、描いたニューバランスのイラストの大きさに合わせて四角くカットします。

そして、カットしたプラバンをイラストの上に重ねてマスキングテープで仮留めします。

 

プラバンで作るnew balanceのスニーカーブローチ

 

この状態だと、描いたスニーカーのイラストをプラバンに書き写ししやすくなります。

マスキングテープでプラバンを固定した状態なので、イラストがズレてしまったりの失敗がないからです。

 

油性ペンで「ニューバランス」のスニーカーのイラストをプラバンに書き写せたら、マスキングテープでの仮留めを剥がします。

 

スニーカープラバンの下書き

 

次に、スニーカーの周りに2mm 程の余白が出来るようにさみでカットします。

 

new balanceのスニーカーで作るプラバンブローチ

 

ここまで出来たら、次はプラバンの背面に色鉛筆で色を塗っていきます。

 

プラバンに色鉛筆で色を塗る!

 

プラバンに油性ペンで書いた「new balance 574」のイラストを裏返しにます。

ザラザラした面が裏面です。

その裏側からだと、色鉛筆でも色を塗ることが可能です。

 

プラバンで作るnew balanceのスニーカーブローチ

 

今回のスニーカーのデザインのように似通った色がたくさん使われていると、「色鉛筆の色の種類が多いのが欲しい!」って心底思います。

調べてみると、なんとびっくりな120色の色鉛筆があってかなり惹かれています。

欲しい…。

 

 

グレーでも、濃いグレーや淡いグレーなど。スニーカーだと特に微妙な色の違いがたくさんあります。

今持っている24色の色鉛筆で塗り分けるには、結構 苦労しました。

濃く塗ったり薄く塗ったりを繰り返してなんとかスニーカーの色塗りが完了しました。

 

「new balance RETRO」のスニーカー通りの色にはならなかったけれど、なんとか少しでも近付けることは出来ました。

 

new balanceのプラバンブローチ

 

ここまで出来たらトースターでプラバンを焼いていきます。

 

プラバンアクセサリーの完成度を上げるには、プラバンを焼く時に気をつけるちょっとしたコツがあります。

その ”コツ” について説明していきます。

 

 

スポンサードリンク

プラバンをトースターで焼いた時の ”縮み幅” と取り出すタイミング!

 

プラバンはトースターで焼くと、約1/4くらいまで縮みます。

だから、作りたい大きさの約4倍の大きさでイラストを描きます。

 

今回の「new balance」スニーカーのイラストは、幅9cm×高さ4cmで描いています。

 

new balanceのプラバンブローチ

 

この大きさのプラバンをトースターで焼くと、幅4cmくらいまで縮みます。

下の写真は同じ手で同じプラバンを持った写真です。

上の写真と比べるとどれくらい縮んだのかが伝わりやすいと思います。

 

new balanceのスニーカーデザインで作るプラバンアクセサリー

 

プラバンを上手に焼くコツや、完成度を高くする時に使える道具については別記事でも詳しくまとめていました。

 

 

上記の参考記事でも書いているのですが、プラバンでプラバンアクセサリーを作る時の失敗談としてよくあるのが、「グニャグニャになった」「真っ直ぐ焼けなかった」なんて話です。

これらの失敗のほとんどが取り出すタイミングが早いことが原因です。

 

トースターで焼いていて、プラバンを取り出すベストなタイミングは”焼いていてグニャグニャとなるプラバンが落ち着いて動かなくなった時” です。※ 下の動画

 

 

↑この動画のようにプラバンのグニャグニャが落ち着き切ったらトースターから取り出します。

そして、素早く軽くプレス(軽く押さえつけ)します。

 

今回作った「ニューバランス」のスニーカーブローチは、裏面が色鉛筆表面が油性ペンで描いています。

仕上げのコーティングをしっかりしないと、色鉛筆の色移りがあったり油性ペンが時間の経過とともにハゲてきます。

 

せっかく時間をかけて作ったプラバンアクセサリーです。

長く愛用したいですよね。

 

プラバンで作るアクセサリーやマグネットなどのハンドメイド作品は、必ず「水性ニス」「レジン」でコーティングをしておくことをおすすめします。

 

プラバンの表面は滲まない水性ニスでコーティングする!

 

プラバンアクセサリーの仕上げに使う「水性ニス」は、100均などでもあるよくある水性ニスではありません。

油性ペンで描いたイラストが滲みにくいパジコの水性ニスがおすすめです。

完全に乾くことで耐水性にもなります。

 

 

水性ニス以外の仕上げ方法だと、プラバンがぷっくりして可愛くなるとして大人気の「レジン」でのコーティングで仕上げる方法もあります。

でも、レジンを垂らすと油性ペンが滲んでしまうことがあります。

最終仕上げで油性ペンで描いたイラストがぐちゃぐちゃになると、頭を抱え込む程にショックなのです。

 

レジンのコーティングの前に、パジコの水性ニスを薄く塗っておくだけでレジンを垂らした時にも油性ペンが滲まなくなります。

たったこれだけで、最終仕上げで失敗して作品が台無しになることはかなり少なくなります。

 

プラバンの背面は水性ニスでコーティングしたり、白のプラ板フェルトを貼ったりする人もいます。

今回は、一番簡単なフェルトを貼る方法で背面をコーティングしました。

使った接着剤は速乾のボンドです。

 

 

乾くのがめっちゃ早いので愛用しています。

木工用と書いていますが、プラバンに使っても問題なく使えました。

乾くとほぼ透明になるので使い勝手も良いです。

 

プラバンの背面を100均のフェルトでコーティングする!

 

プラバンブローチの背面の仕上げに使ったのは、100均ダイソーのフェルトです。

まず、フェルトをプラバンのサイズに適当にカットして接着剤で貼り付けます。

 

プラバンの背面を仕上げる方法

 

速乾の接着剤なので、10分〜20分くらい待つと大体は乾きます。

接着剤が乾いたら、はみ出ているフェルトをはさみで切り取ります。

 

プラバンの背面を綺麗に仕上げるコツ

 

こうして、トースターで焼いたプラバンの表面裏面のコーティング仕上げを済ませたら、ブローチのピンを背面のフェルトの上から接着剤で貼り付けます。

ブローチのピンは、100均のセリアダイソーのハンドメイドパーツのコーナーでたくさん販売されています。

 

これで、「new balance 574」デザインのプラバンスニーカーブローチの完成です。

 

プラバンで作るハンドメイドでnew balanceのスニーカーブローチをDIY

 

これからいろんなスニーカーのデザインでプラバンブローチを作って、どんどんコレクションしていきたいと思います。

 

プラバンの完成度を上げる為のコツをまとめた記事もあります。

 

 

では、また!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク