100均セリアのプラバンで「new balance」のスニーカーブローチを作る!

プラバンの背面を綺麗に仕上げるコツ

スポンサードリンク

収集癖があって「これ大好きだ!」ってなると、とことん集めてしまいます。

 

大好きな物が沢山並んでいるのって見ていてとても楽しいです。

 

そこで、スニーカーの「NIKE」や「newbalance」などのデザインで”ミニバージョン”のプラバンスニーカーを作ろうと思いました。

 

作ったスニーカープラバンは、ピンやマグネットなどのパーツを貼り付けてハンドメイドアクセサリーやハンドメイド雑貨にして集めていこうかなと思っています。

 

スポンサードリンク

 

「newbalance574」のスニーカープラバンブローチを作ってみた!

 

最初に作るプラバンのハンドメイドアクセサリーのスニーカーブローチは比較的簡単な方が良いなと思いました。

 

そこで、「new balance」のスニーカーデザインで簡単にミニバージョンのイラストが書けそうなものを探してみました。

 

 

今回は上の写真の「new balance 574 SPORT RETRO」に決めました。

 

更に、せっかくなので海外限定バージョンでなかなか実物を購入する機会の少ないものにもしてみました。

 

日本ではなかなか見かけないデザインをプラバンでミニバージョンとして作って集めるのも楽しいかもと思いました。

 

このデザインだとプラバンとして作るのにも比較的簡単な方だと思います。

 

プラバンにスニーカーのイラストを書く!

 

早速、このスニーカーデザインでプラバンブローチを作っていきます。

 

まず最初に「new balance 574 SPORT RETRO」のイラストを紙に下書きします。

 

new balanceのスニーカーイラスト

 

鉛筆での下書きが終わったら油性ペンで下書きの上からなぞります。その後、消しゴムで下書きの鉛筆のラインを消します。

 

ニューバランスのスニーカーイラストを手書きする

 

次に、100均セリアの色鉛筆でも描けるプラバンを用意します。

 

100均セリアの色鉛筆でも書けるプラバン

 

このプラバンをイラストの大きさに合わせて四角くカットします。

 

カットしたプラバンはイラストの上に重ねてマスキングテープで仮留めします。

 

プラバンで作るnew balanceのスニーカーブローチ

 

マスキングテープでプラバンを固定した状態で、new balanceのスニーカーのイラストを油性ペンでプラバンに書き写していきます。

 

こうして書き写すとプラバンが動かないので書き写しやすいです。

 

白黒バージョンの「new balance」のスニーカーイラストをプラバンに描けたら、マスキングテープの仮留めを剥がします。

 

スニーカープラバンの下書き

 

次に、スニーカーの周に少しプラバンが余るくらいではさみでカットします。

 

new balanceのスニーカーで作るプラバンブローチ

 

ここまで出来たら、次は背面に色鉛筆で色を塗っていきます。

 

プラバンに色鉛筆で色を塗る!

 

プラバンに油性ペンで書いた「new balance574」のイラストを裏返します。

 

ザラザラした面が裏面です。その裏側から色鉛筆で色を塗っていきます。

 

プラバンで作るnew balanceのスニーカーブローチ

 

こんな時に色鉛筆の色の種類が多いのが欲しい!って思いますね。

 

下の写真の「new balance」のスニーカー通りの色にはならなかったけれど、なんとか少しでも近付けてはみました。

 

 new balanceのプラバンブローチ

 

ここまで出来たらトースターでプラバンを焼きます。

 

プラバンアクセサリーの完成度を上げる為には、トースターでプラバンを焼く時に気をつけるちょっとしたコツがあります。

 

 

スポンサードリンク

プラバンをトースターで焼いた時の”縮み幅”と取り出すタイミング!

 

プラバンはトースターで焼くと約1/4くらいまで縮みます。

 

なので、作りたい大きさの約4倍の大きさでイラストを描きます。

 

今回の「new balance」スニーカーのイラストは幅9cm×高さ4cmで描いています。

 

new balanceのプラバンブローチ

 

焼き終わるとこんなに小さくなります。同じ手で同じプラバンを持った写真なのでどれくらい縮んだか伝わりやすいと思います。

 

new balanceのスニーカーデザインで作るプラバンアクセサリー

 

プラバンを上手に焼くコツや完成度が高い状態で仕上げる道具などの紹介はこちらの記事が分かりやすいです。

 

▶ 関連記事

100均プラバンで作るプラバンアクセサリーの完成度が高くなるコツ特集!

 

プラバンでプラバンアクセサリーを作る時の失敗談としてよく耳にするのが「グニャグニャになった」「真っ直ぐ焼けなかった」なんて話です。

 

これらの失敗のほとんどが取り出すタイミングが早いことが原因です。

 

トースターで焼いているプラバンを取り出すタイミングは”焼いていてグニャグニャとなるプラバンが落ち着いて動かなくなった時”です。※下の動画

 

 

↑この動画のようにプラバンのグニャグニャが落ち着いたらトースターから取り出します。そして、素早く軽くプレスします。

 

今回作ったプラバンの「new balance」スニーカーブローチは、裏面が色鉛筆表面が油性ペンで描いています。

 

仕上げのコーティングをしっかりしないと、色鉛筆の色移りがあったり油性ペンが時間の経過と共にハゲてきたりしてしまいます。

 

せっかく時間をかけて作ったプラバンアクセサリーです。長く愛用したいですよね。

 

だから、プラバンで作るアクセサリーやマグネットなどのハンドメイド作品は、必ず「水性ニス」「レジン」でコーティングをしておきます。

 

プラバンの仕上げる方法とコーティングにおすすめの滲まない水性ニス!

 

プラバンアクセサリーの仕上げに使う「水性ニス」は、100均などでもあるよくある水性ニスだと油性ペンで描いたイラストが滲んでしまいます。

 

おすすめはパジコの水性ニスです。油性ペンもかなり滲みにくいです。

 

 

プラバンがぷっくりして可愛くなると人気の「レジン」でのコーティングの前に薄く塗っておくだけでレジンを垂らした時にも油性ペンが滲まなくなります。

 

プラバンの背面はコーティングする以外にも、白のプラ板フェルトを貼ったりする人も沢山います。

 

今回はフェルトを貼ってみました。使った接着剤は速乾性のセメダイン(木工用ボンド)です。

 

 

乾くのが早いので愛用しています。

 

まず、フェルトをプラバンのサイズに適当にカットして接着剤で貼り付けておきます。

 

プラバンの背面を仕上げる方法

 

10分〜20分くらい待って接着剤が乾いたら、はみ出ているフェルトをはさみで切り取っていきます。

 

プラバンの背面を綺麗に仕上げるコツ

 

トースターで焼いたプラバンの表面裏面のコーティング出来たら、ブローチのピンを背面に接着剤で貼り付けます。

 

ブローチのピンは、100均のセリアダイソーのハンドメイドパーツのコーナーで沢山販売されています。

 

これで、「new balance 574」デザインのプラバンスニーカーブローチの完成です。

 

プラバンで作るハンドメイドでnew balanceのスニーカーブローチをDIY

 

今日はここまで〜

スポンサードリンク

スポンサードリンク