プラバンに色鉛筆で着色しておしゃれなイニシャルブローチを作る方法!

プラバンとレジンで作るイニシャルブローチのDIY方法

こんにちは!もんちです・ω・)ノ

100均のセリアで、色鉛筆でも書けるプラバンが販売されています。

定番のプラバンだと、色鉛筆や水性ペンで着色しようとしても弾いて色を付けるとこが出来ません。

プラバンの片面にやすりがけをしてザラザラにすることで、色鉛筆や水性ペンでの着色も出来る状態になります。

でも、色鉛筆プラバンを使えば、面倒なやすりがけをしなくても、そのまま色鉛筆で色を付けることが出来ます。

今回は、色鉛筆でも着色が出来るプラバンと油性ペンをミックスさせて、イラストが浮いているように見えるおしゃれなイニシャル入りブローチを作ってみました。

もんち
プラバンのコーティングにレジンを使っているので、防水対策もばっちり!雨の日でも使えます!

スポンサーリンク

セリアの「色鉛筆プラバン」を使ったイニシャルブローチの作り方!

使ったのは、セリアの色鉛筆プラバンです。

表面はつるつるとした普通のプラバンで、背面はザラザラとしています。

100均セリアの色鉛筆でも書けるプラバン

このザラザラとしている裏面からだと、色鉛筆ボールペン水性ペンなどでも書くことが出来ます。

まず最初に下絵を作っていきます。

プラバンはトースターで焼くと約1/4に縮むので、作りたいブローチの約4倍のくらいの大きさで考えて下絵を作ります。

今回は、スニーカーのブローチの下絵を作ってみました。

スニーカーのイラスト

下絵は塗り絵が出来る図案がおすすめです。

一つの図案からでも、色を変えるだけで色んなパターンが作れるからです。

プラバンの下絵が作れたら、セリアの「色鉛筆プラバン」に書き写していきます。

プラバンに色鉛筆で着色する時におしゃれにみせる方法

色鉛筆プラバンに下絵を書き写す時には、表の面から油性ペンでなぞって、裏面から色鉛筆で塗るとおしゃれに仕上がります。

色鉛筆プラバンの作り方

  1. 表面から油性マジックでイラストの線だけを書く
  2. 裏面から色鉛筆などで着色する
もんち

この方法を使うと、プラバンを焼いた時に油性マジックで書いた線が浮き上がって見えます。

仕上がりに独特な雰囲気が出ておしゃれに仕上がるんです!

まずは、下絵をプラバンに貼り付けて、なぞり書きしながら写していきます。

プラバンの下絵を書き写す
POINT!
マスキングテープでプラバンに下絵を貼り付けると、プラバンが動かなくなってなぞり書きが凄くやりやすくなります。

下絵を書き写せたら、最後にイニシャルを書き込みます。

今回書き込むアルファベットは『H』です。

プラバンのイニシャルブローチ作り

まずは『H』の文字を書いて、プラバンに書き写していたスニーカーのイラストを重ねます。

すると、『H』の文字が透けます。

プラバンでイニシャルアクセサリーを作る

これを書き写すだけです。

プラバンで作るイニシャルブローチのハンドメイド作品
POINT!
イニシャルの文字を入れる時は、文字入れのスペースを開けたままでプラバンに下絵を書き写して、最後にイニシャルを入れた方がバランスが取りやすいです!

表の面からの下絵の書き写しが終わったら、裏面から色鉛筆で塗っていきます。

色を塗る時は、プラバンを白い紙の上に乗せて塗っていきます。

プラバンに色鉛筆で着色する

こうすることで、綺麗に塗れている場所と塗れていない場所の区別が付きやすくなります。

白の色鉛筆で色付けをする時は、黒色の下敷きを使います。

これで白色を塗る時にでも、綺麗に塗れている場所と塗れていない場所の確認がしやすくなります。

プラバンに色鉛筆で着色する方法

色鉛筆での色付けが終わったら、厚塗りになってしまっている部分を軽くティッシュで拭き取っておきます。

色鉛筆プラバンで作るイニシャルスニーカーブローチ
POINT!
プラバンはトースターで焼くと縮むので、その時に色もギュッと濃縮されて、色鉛筆が薄付きでも焼くと色が濃くなります。

色付けが厚塗りになり過ぎている場所は、ティッシュで軽く拭いて落としておくと仕上がりが自然になります。

これで、プラバンへの色鉛筆での着色は完了です。

もし、油性のマジックで下書き線を写して時に、プラバンに書いている文字や線を書き間違えた場合は、簡単に消すことも出来ます。

 

スポンサードリンク

油性ペンで失敗した時に綺麗に消す方法

下絵を油性ペンで書き写している最中に、油性ペンが滲んでしまったり、書き写す線を間違えてしまった場合は、除光液で拭けば簡単に消すことが出来ます。

プラバンの書き写しで滲んだ油性ペンの跡
POINT!
細かな線だけ消したい時は、綿棒の先に除光液を付けて使います。

油性ペンで書いている場合に限って、この方法で間違えた部分も簡単に消せます。

プラバンで滲んだ油性ペンの失敗を除光液で消す

 

もんち

細かい線が交差する部分で失敗してしまうと、消したくない線まで消してしまったりもしてしまいます。

やっぱり、なるべく間違わないようにするのが一番です!

色鉛筆で塗ったプラバンを焼く

プラバンを焼く時には、アルミホイルではなくてクッキングシートを使います。

その方がくっつかないからです。

また、歪みの原因になる取り出すタイミングにも気を付けて焼きました。

プラバンブローチ

プラバンで失敗しないまっすぐになる焼き方と歪みを出さないコツ!

2019年6月23日

この方法で焼きあがったプラバンは、真っ直ぐで平になっています。

プラバンでDIYしたイニシャルブローチ

プラバンが焼き終わったら、色移りが起こらないようにコーティングをします。

プラバンをレジンでコーティングする

「色鉛筆プラバン」に着色している裏面は、このままの状態だと凄く色移りが起こります。

指で触るだけでも、指先に色鉛筆が付いてしまうくらいです。

ハンドメイドで作った色鉛筆プラバンブローチの裏面

コーティングには清原のレジンを使っています。

レジンでで仕上げることで、表面が陶器のようにつるつるになって完成度もグンッと上がって、防水加工も出来るからです。

 

もんち

レジンでコーティングすると、100均などで販売されている一般的な水性ニスのように、雨の日に濡れてしまってベタベタするなんてこともありません!

レジンでコーティングする時に、爪楊枝でいつまでもつんつんと突いて触っていると、油性マジックが滲んでしまうことが多々起こります。

レジン液で油性ペンを滲ませてしまわない方法は、パジコの滲まない水性ニスで塗って乾かしてからレジンでコーティングするだけです。

レジン液をプラバンの表面に綺麗に広げたら、UVライトで硬化させます。

レジン液を硬化させる
POINT!

UVライトを持っていない場は、太陽光で2時間〜3時間で硬化させることが出来ます。

でも、UVライトだと5分もあれば綺麗にに硬化させることが出来ます。

UVライトは数千円で買えます。

数分で硬化させることが出来るので、よくレジンを使う場合は1台あるだけでかなり便利です。

レジン液でコーティングすると、水性ニスだけでのコーティングと比べても、仕上がりが綺麗で陶器みたいにつるつるになります。

レジンでコーティングしたハンドメイドのプラバンブローチ

最後にプラバンの背面にピンを接着すると、色鉛筆プラバンで作る「プラバンブローチ」の完成です。

マグネットを作りたい場合は、同じ工程の最後に100均の超強力磁石を接着するだけです。

ハンドメイドで作るプラバンブローチのラッピング方法
最後に
もんち

イニシャル入りで作るハンドメイドアクセサリーは、プレゼントの贈り物としてもぴったりです。

プラバンブローチが見えるような台紙を使ったラッピング方法は、更におしゃれに見えておすすめです!

今日はここまで〜

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 個のコメント