岸和田の古民家カフェ「猿とモルターレ」はトーストの創作メニューも絶品!

岸和田のカフェ「猿とモルターレ」

岸和田にある築70年の古民家を改装した民泊施設のあるカフェ「猿とモルターレ」に行ってきました。

まだハイハイしか出来ない子供を連れての来店でしたが、スタッフの方もニコニコで接客してくれて、おしゃれで雰囲気のいいカフェでした。

子連れでも大丈夫だったん?
monchi
嫌な顔せずに終始ニコニコで対応してくれて、離乳食の持ち込みもOKらしいよ!

カフェ店内のイートインスペースには、ローテーブル席と座敷もあってゆっくりとくつろげました。

店舗情報をまとめました。

岸和田のカフェ「猿とモルターレ」ってどんなカフェ?

岸和田のカフェ「猿とモルターレ」の外観

岸和田にあるカフェ「猿とモルターレ」は、築70年の古民家を改装してカフェと民泊施設をしています。

メニューは、ドリンク・フードの両方が揃っています。

  • 自家製焙煎のコーヒー
  • 素材にこだわった食パンの創作メニューが数種類
  • 季節のパフェ(わらび餅パフェなど)

こんな感じです。

 

サイクリングコースの近くにあるカフェなので、一泊してサイクリングという利用方法もおすすめみたいです。

店内の改装は自分自身でも手を加えられていたようで、instagramではアンティークワックスで塗装している様子などもpostされていました。

 

美味しくコーヒーを淹れられるように…

 

そんなコメントと共に、カフェのオープンに向けてコーヒーを淹れる練習をしている写真も沢山紹介されていて、店主のこだわりと想いが詰まったお店なのだなと感じました。

外観も内装もドアノブまでもおしゃれ!

カフェ「猿とモルターレ」は外観もおしゃれですが、内装も素敵でした。

ローテーブル席(フローリング)と座敷の部屋があって、小さな子供が居てもお座りさせていたり、寝かせていたりすることが出来るスペースがあります。

猿とモルターレの店内のローテープル席

ただ、子連れでもゆっくりと出来る空間ではありますが、騒ぎまくって良いようなキッズスペースはありません。

注意
暴れまくりでやんちゃ盛りの場合は、別のお店を選んだ方が他のお客さんの迷惑にならないかな…という感じです。

 

イートインスペースのローテーブルには、タイルが貼られていたりして可愛かったです。

カフェ「猿とモルターレ」のタイルがはられたローテープル

また、イートインスペースへの入り口となる扉のドアノブが、エスプレッソを淹れる時のあの持ち手の部分そのものなのもおしゃれで面白かったです。

岸和田のカフェ「猿とモルターレ」の扉のドアノブ

そして、天井もランプも壁に掛かっている絵までも、どれにも小さなこだわりが沢山見える内装はホント素敵でした。

岸和田のカフェ「猿とモルターレ」の天井

カフェ店内でも食事が出来るイートインスペースがありますが、テイクアウトだけの注文でもOKです。

 

スポンサードリンク

素材にこだわった食パンを使った創作パンメニューを食べてみた!

カフェ「猿とモルターレ」では、素材にこだわった食パンを使った創作パンメニューが食べられます。

カフェの外壁には、チョークボードに書かれたメニューが貼られていました。

岸和田のカフェ「猿とモルターレ」のトーストメニュー
メモ_φ(・_・
店内のレジにもメニュー表は用意されています。

 

まず、注文入り口から入って、注文をしてからイートインスペースへと移って席に座ります。

カフェ店内への入り口は2つあるのです。

  1. 「注文する入り口」
  2. 「イートインスペースへの入り口」

この2つです。

岸和田のカフェ「猿とモルターレ」の入り口

まず、注文する入り口から店内へと入り、食べたいものを注文をします。

テイクアウトの場合は、ここで注文した商品を受け取って帰ります。

イートインする場合は、注文後に一度外へ出て、別の扉からイートインスペースへと入って料理を待ちます。

イートインスペースで食べる場合は、注文したメニューは座っている席まで持ってきてくれます。

食パンメニューから「テリマヨ角煮カレー」を注文してみた!

私は、食パンのメニューから「テリマヨ角煮カレー」を注文しました。

岸和田のカフェ「猿とモルターレ」の豚の角煮カレートースト

食パンはサクサクでもっちりとしてるし、角煮は柔らかくてちゃんと噛み切れて美味しかったです。

カレーはそんなに辛くないので、小さな子供でも食べられると思います。

セットでラスクも付いていました。

岸和田のカフェ「猿とモルターレ」のラスク

一口サイズで食べやすいお菓子みたいな感じです。

岸和田のカフェ「猿とモルターレ」のラスク菓子

もう一つセットで付いてくるサラダは、紙の器に入っています。

紙を開くとお皿のように広がるので、広げてドレッシングと混ぜて食べます。

岸和田のカフェ「猿とモルターレ」のサラダ

レタスもボリューム満点な上に、具材も入っていて、ドレッシングの味もしっかりとしていて美味しかったです。

岸和田のカフェ「猿とモルターレ」のサラダの具材
monchi
よくある「レタスをぺぺぺっと千切っただけ」みたいなしょーもないサラダとは違って、ボリュームもあって満足感の高いサラダです!

食パンメニューから「究極の小倉トースト・アップルカスタード」も注文してみた!

旦那さんは、食パンメニューから「究極の小倉トースト・アップルカスタード」を注文していました。

岸和田のカフェ「猿とモルターレ」の小倉トーストとカスタードのトースト

セットで付いているサラダは、さっき紹介したものと同じものです。

旦那さん
美味しい♪美味しい♪

とご機嫌に食べていました。

わらび餅パフェが気になった

この日はトーストのメニューだけを頂きましたが、真後ろのお客さんか食べていた「わらび餅パフェ」がかなり美味しそうでした。

だって、一人で来ていたお兄さんが、めっちゃくっちゃニヤニヤしながら食べているのです。

また、必ず近々「わらび餅パフェ」を食べに行きたいと思います。

岸和田のカフェ「猿とモノターレ」の店舗情報

店名 猿とモルターレ
TEL 0724-424-3231
住所

〒596-0102 大阪府岸和田市山中町577-1

営業時間 9:00〜17:00
定休日 水曜日(不定休が月に二回あり)
予約 ホットペッパーグルメで見る↗
注意事項

店舗情報は記事を書いた時点のものです。

営業時間や定休日などは今後変更される可能性があります。

来店する前に必ずのHPで最新情報をご確認下さい。

駐車場はあるのか?

駐車場は3台あります。(記事を書いた時点では)

ただ、満車になっていることも多いみたいなので、第2駐車場が用意されています。

「三粒に種」というお店の前で、カフェ「猿とモノターレ」の看板カードが目印の駐車場です。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

猿とモルターレさん(@saltomortale.coffee)がシェアした投稿

 

ひとことメモ

monchi

店員さんはニコニコで居心地の良い空間でトイレも綺麗です。

クッションが用意されていて、フローリングの席でもくつろいで座れました。

ベビーカーでのイートインスペースへの入店は出来ません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク