堺市にあるカフェ『ルティロワ』は器も店内も雑貨も何もかもおしゃれ!

大阪の堺市美原区にあるカフェ『(le tiroir)ルティロワ』へ行ってきました。

職人さんによって作られた器やおしゃれなカトラリー、暮らしの雑貨の販売もしている織物工業跡地のカフェです。

堺市カフェ「ルティロワ」の外観

インスタグラムでもよく写真がpostされているカフェ『(le tiroir)ルティロワ』ですが、実際に行ってみるとオーナーさんの接客も素敵で凄く居心地のいい空間でした。

カフェ『(le tiroir)ルティロワ』は器も店内も雑貨も何もかもおしゃれ!

カフェ『(le tiroir)ルティロワ』は、織物工業の建物をハーフセルフビルドしているカフェです。

ハーフセルフビルドとは、自分で出来る所は自分でなおして作るということです。

元々の織物工業の名残りである小窓が並ぶ外観は、素朴なのにおしゃれで何だか可愛いかったです。

堺市のカフェ「ルティロワ」の外観写真

さっそく店内へ入ってみました。

販売されている器や雑貨が素敵過ぎる!

『ルティロワ』では、職人さんのこだわりが詰まった器やカトラリーの販売もしています。

作りての想いをしっかりと受け取るように、丁寧に並べられた器や雑貨が揃う店内は、それはもう素敵過ぎる空間でした。

堺市カフェ「ルティロワ」の店内

入荷した器や暮らしの雑貨は、店主が丁寧な説明を添えてinstagramで紹介してくれています。

カフェ『(le tiroir)ルティロワ』のinstagramは、新しく入荷した職人の器や素敵な雑貨の情報を丁寧な紹介文と一緒にいち早く知ることが出来ます。

フォローしていない方は、ぜひフォローしてみて下さい。

カフェ『(le tiroir)ルティロワ』のinstagramをフォローする↗

 

monchi
instagramではおしゃれな雑貨や器が大好きな店主が、休日に巡る雑貨店やカフェの写真のpostがあります。

それを見て、カフェや雑貨店の情報を知るのも最近の楽しみになっています。

カフェメニューで使われている器が素敵過ぎる!

カフェ『(le tiroir)ルティロワ』で販売されている器や暮らしの雑貨を見た後に、店内に併設されているカフェも利用しました。

monchi
特に「ここからがカフェ!」と壁で区切られているわけではなくて、建物の真ん中では雑貨や器の販売を。

柔らかく区切った両端の空いたスペースでカフェをされているといった感じでした。

『(le tiroir)ルティロワ』のホームページを確認してみると、【カフェ】ではなくて【小さな喫茶室】という表現で紹介されています。

その表現通りに、昔の喫茶店のような懐かしさにおしゃれさを足したようにも感じる空間でした。

堺市カフェ「ルティロワ」のカフェ席

やんわりと区切られたカフェスペースからは、雑貨や器の販売スペースを眺めることも出来ます。

堺市のカフェ「ルティロワ」の器と雑貨

ついついボケ~っと眺めて長居してしまうような癒やしもある不思議な空間です。

カフェで提供されているメニューに使われている器やカトラリーは購入することが出来るそうです。

チーズケーキを注文

まずは、チーズケーキを注文しました。

堺市のカフェ「ルティロワ」のカフェメニューのチーズケーキ
monchi
え?何この可愛い感じ!
monchi
え?器が素敵過ぎる(•ө•)♡
monchi
え?ナイフとフォークも可愛すぎる〜!
堺市のカフェ「ルティロワ」のカトラリーのナイフとフォーク

もう全部が可愛い過ぎてテンションが上がりました。

チーズケーキは酸味を感じるあっさりめで、添えられたバニラアイスもあっさりとしていました。

バニラアイスに刺さった沢口靖子のCMのチップスターを思い出すお菓子も美味しかったです。

陳列されている状態でカトラリーや器を見るよりも、こうして実際に使われた状態で目にした方がますます欲しくなりました。

カヌレを注文してみた

カヌレは中がしっかりとモチモチした感じというよりは、ソフトにモチモチな感じでした。

堺市のカフェ「ルティロワ」のカヌレ

外側が固すぎるカヌレにもよく出会いますが、『ロティロワ』のカヌレはかぶりつきやすいカリカリ感で食べやすかったです。

ドリンクに「りんごジュース」を注文してみた

ドリンクは「りんごジュース」を注文したんですが、これまたおしゃれに登場しました。

堺市のカフェ「ルティロワ」のドリンクメニューのりんごジュース

本当に何から何までおしゃれです。

実際に使われている器やカトラリーを見ると、まるで実演販売をされているように全部が欲しくなってしまいました。

店主は一人で切り盛りされているのに、終始笑顔の素敵な接客でした。

一人ということは、混雑状況によって多少の待ち時間はあるかと思いますが、人柄からも良く落ち着く素敵なカフェでした。

 

スポンサードリンク

駐車場はあるのか?

カフェの前には川が流れているのですが、その川の前に縦列駐車出来るスペースがあります。

その場所が、カフェ『(le tiroir)ルティロワ』の駐車場となっています。

堺市のカフェ「ルティロワ」の駐車場案内

全部で6台の車を停められる駐車スペースがあります。

子連れでも大丈夫なのか?

店内への入口は段差になっています。

堺市のカフェ「ルティロワ」の玄関の段差説明

ベビーカーを押してそのまま入店することは難しいです。

また、店内では器やカトラリーなどの割れ物を多く扱っているので、走り回るやんちゃ盛りの子供と一緒に来店するには向いていないと感じました。

小さな赤ちゃんが一緒の場合も、抱っこ紐で入店した方が自分が落ち着いてお買い物が出来ると思います。

私自身も生後8ヶ月の子供と抱っこ紐で来店しました。

カフェスペースにはキッズルームはありませんが、ソファー席もあります。

自分でお座り出来るくらいの子供ならば、並んで座ることが可能な席もありました。

もし、そのような席が埋まってしまっている場合は、ベビーカーを持ち込んで並べて座らせておけるくらいのスペースはありました。

monchi
【絶対に子連れ禁止】といったカフェではありませんでしたが、混雑状況にもよりそうです。

電話で確認してみる方が安心だと思います。

「ルティロワ」店舗情報

 

「ルティロワ」店舗情報

  • 所在地:〒587-0021 大阪府堺市美原区小平尾761
  • TEL:072-349-7362
  • 営業時間:10時〜16時
  • 定休日:日曜日、月曜日(不定休もあり)
  • キッズスペース:なし
  • 駐車場:あり6台
  • ホームページ:https://www.le-tiroir.co/
  • instagram:le_tiroir_
注意
※ 店舗情報は記事を書いた時点のものです。

営業時間や定休日などは今後変更される可能性があります。

来店する前に必ずのHPで最新情報をご確認下さい。  

スポンサードリンク

スポンサードリンク