プラバンとレジンで完成度が高いカラフルな幾何学模様ぷっくりピアスを作る方法!

こんにちは!monchi(@diyとカフェ巡り )です。

プラバンアクセサリーが好きで、色んな柄や図案を書き写しては切り抜いてよく作っています。

この切り抜き作業の時にいつも思っていたことがあります。

 

monchi
中途半端に余ったプラバンの切れ端が勿体無いな。

 

プラバンに書き写した図案を切り抜いた後に残ったプラバンの切れ端は、また何かのイラストを書くにはスペースが足りせん。でも、捨てるには勿体無いくらいの余り具合です。

これで何か作れればいいのにといつも思っていました。

今回はこのプラバンの切れ端(欠片)を使って幾何学模様みたいなカラフルピアスを作ってみました。

 

スポンサードリンク

 

プラバンの切れ端で幾何学模様のカラフルピアスを作る方法!

 

まず、余ったプラバンの切れ端を小さな欠片くらいにカットします。

 

プラバンの切れ端

 

適当にカットしたプラバンの切れ端は何も色を付けない無着色のままトースターに入れて焼きます。

焼いたプラバンは動かないようにマスキングテープで固定してマニキュアで色を付けて乾かします。

 

マニュキュアでプラ版

 

しっかりと乾かしたら着色したプラバンの欠片を集めて一つのかたまりにします。

 

プラバンの欠片を集めてかためる

 

こうして集めたプラバンを並べた形のまましっかりとくっつけます。

 

プラバンとプラバンをくっつけるのにはレジンが使える!

 

プラバン同士をくっつけるのには接着剤を使ってもレジンを使ってもどちらでも大丈夫です。ただ、レジンの方が早く固まるので作業がラクです。

UVライトを使うと5分もあればがっちり固まります。UVライトは1500円〜2000円程です。レジンは100均(ダイソー、セリア、キャンドゥ)で購入出来ます。

レジンで固める工程は耐震マットの上で行います。

 

100均の耐震マット

 

耐震マットを使うと硬化(硬めた)した後にするりと剥がすことが出来るからです。

 

レジン台に耐震マットを代用

 

レジン作業用のシートも販売されていますが100均の耐震マットでも十分代用が出来ます。

 

レジンで仕上げのコーティングをするとぷっくり可愛く完成度も高く作れる!

 

レジンが固まってプラバン同士がくっついたら表面をレジンでコーティングしてUVライトで硬化します。

この仕上げコーティングでぷっくりとした可愛らしい感じに仕上げることが出来ます。

 

プラバンとレジンで作れるピアス

 

最後にピアスのアクセサリーパーツを接着すればピアスの完成です。

いつもは捨てていたプラバンの切れ端でもカラフルで可愛いプラバンアクセサリーが作れました。

 

ひとことメモ_φ(・_・

monchi
UVライトを使うことで硬化や接着も10分とかかりません。そこまで面倒だと感じる作業工程もありませんでした。

ただ、UVライトを使わなければレジンの硬化に太陽光で2時間以上もかかります。また、接着剤を使えば完全に固まるまでは1日はかかってしまいます。

このプラバンピアスはUVライトとレジンで作れば簡単に出来ます。

レジンで作れば仕上がりもツルツルぷっくりで完成度が上がります。是非UVライトとレジンを使って作ってみて下さい!

 

 

今日はここまで〜

スポンサードリンク

スポンサードリンク